2010年11月18日

偽装遠洋探検家稼業 〜馬鹿弟子のDQN視認地理上げ〜

 漕船R12まで残り3000日を切ったところで、インド洋〜紅海のひとり地理クエ消費ツアーに踏み切ったのでありました。




 操舵漕船あげというのは本来、ウシュアイア前なんかで帆半開きにして浮かんでるのが常套手段だと思われますが、ただ浮かんでいるだけというのがどーも苦手でして、造船修行でも船が出来上がるまでの時間を織物取引上げたりとか香料取引あげたりでうろうろしちゃってたわけであります。
 で、今回もただ漕船上げるだけではなくて、唯一の学問である地理学と視認もついでに鍛えちゃおうと思ってインド洋と航海をほっつき歩いていたわけでありました。

 地理クエfromアデン.jpg

 このペルシャ湾行きというのが曲者でして、海事修行者には絶好の狩場なわけですが、ただ通過したいだけの冒険者にはんpcがうざいことこの上ないわけであります。停戦協定状なんてあっというまに100枚消えましたからね。10回連続で停戦拒否された日にゃ、ばかやろ!!て叫びたくなりました(#゚Д゚) プンスコ!


 クエスト目標.jpg
 
 それのしても地理クエというのはシンプルさと理不尽さを兼ね備えていると言うか何と言うか。クエを受けていきなりクエスト目標が表示されるのは曲がりなりにも地理クエだけではなかろうかと。しかし地中海を出たことない人間に向けていきなり喜望峰行きのクエを表示されたときは苦笑せざるを得ませんでしたが・・・w

 (´-`).。oO(地理を熱狂的に好きな人がいるって聞いたけど分かる気がする・・・

↓発見物ss撮影に失敗しているの図
失敗作.jpg

 ↓カリカットで請けたクエ
冒険者見習い未満時のクエ.jpg

 このクエは実は筆者にとって非常に意味のあるクエなのであります。
 というのも、初めてインドに連れてってもらったときに、今は会えない師匠にコバンザメしてこなしたクエなのでありました。
 何せ、発見物カードがアップデートされる前の出来事だったので、どうしてもカードが欲しかった自分にしてみればある意味良かったといえませう。

 ↓おかわり
おかわり.jpg

 それにしても弟子がこんな馬鹿に育っていたとは師匠は想像し得たであらうか・・・

 
posted by 呉 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。